買い取りできないピアノ

ピアノ買い取りで状態によって買い取りできないピアノがあります。

どの程度の故障、キズまで買い取りできるのか?
一般的基準を調べてみました。
(業者によって基準が異なります。)

・故障

音がずれている、一部の鍵盤が押したら戻らない、
この程度の故障でしたら買い取りしてくれます。
ただし、査定額が下がるケースもあります。

・キズ

塗装が広範囲で剥がれていたり、大きなヘコみ、
大きなキズがある場合は買い取り不可になるケースがあるようです。
もし買い取りしてくれても査定額が大きく下がってしまいます。
木目のピアノの場合はキズ修復が難しいので
査定額ダウンは大きいそうです。

 

見えるキズだけでなく、
ピアノ内部の状態もチェックが必要です。
水没や火災にあったピアノの買い取りは
難しいケースが多いそうです。
また、害虫による痛みも買い取り不可になってしまうことも。

・古いピアノ

多くの業者が30年以上前のピアノだと
買い取りできないことが多いそうです。
古くても状態の良いピアノでも
状態がそこそこの新しいモデルのピアノの方が
査定額が上回ってしまうようです。

上記が当てはまったからといって買い取りできないわけではありません。

買い取り業者によって査定額も基準も異なりますので
まずは相談してみるのがいいでしょう。

 

買い取り不可でも有料でピアノを引き取ってくれる
業者もあります。