子供へのピアノの選び方

ピアノの場合

メリットは、タッチの調節をすることができ、ペダルによって音が豊かになります。また、音量はピアノのタッチなどの方法によって変えることができるようになっています。本格的にピアノを弾いてみたいと思い、予算と置くスペースにある程度ゆとりが持てるのならば、ピアノを購入することを検討してもよいでしょう。

 

しかし、デメリットとしては、価格が高いことと、騒音の問題につながりやすいこと、また、録音機能がついていないので、演奏を記録するには、録音機能がある機械を購入することが必要になってきます。

 

電子ピアノの場合

メリットは、ヘッドホンを装着すると、夜間でも演奏することができ、ピアノに比べても価格が安価になるということです。また、音量も調節することができるため、防音工事をしていなくても、騒音問題を引き起こしにくいです。録音機能が付いているので、練習していて、どこがおかしかったのかも確認することができるようになっています。

 

しかし、その一方で、タッチの調節がきかない場合があり、倍音やペダルの効果などが十分に再現されていない場合があるので、ピアノとは別の楽器と考えたほうが良いでしょう。夜間に練習するためだけに利用するというならメリットはありますが、経済的な問題がない限りは、ピアノを買ったほうが良いでしょう。

 

個人個人によって、価格や音量の調節等による騒音の防止など、どのような条件をもとにピアノを購入しようとしているかは異なってくるため、一概にはどの条件がベストだとは言うことができません。そのため、自分が必要としているものは何なのかをきちんと整理したうえで、どれを購入すればよいかというのを検討していくと良いでしょう。

 

また、どんな製品があるのかは、販売店の人に問い合わせたり、ピアノに詳しい知り合いなどに質問するようにして、疑問点を解消していくと、後悔することなく買い物をすることができるようになります。