ピアノは何歳から?

ピアノは何歳から習うのがイイの?習うことによる効果についても

楽器と言うのはある程度の年齢から習わせる方が習得しやすい傾向にあります。では、例えばピアノは何歳から習うのが良いのでしょうか。

 

一般的にはピアノなどは幼稚園に入ってから習う方が良い場合が少なくありません。

 

まず子ども自身が大人の話している内容をある程度理解できる位の年齢の方が、演奏方法に対するアドバイスなども理解しやすくなるからです。だから、年中とか年長、そのあたりから習わせても良いでしょう。

 

もちろんもっと幼い年齢から習う方法もありますが、その場合はどうしても集中力が続かない場合も少なくありません。

 

しかし親としては出来れば絶対音感を習得させたいとか、リズム感を養いたいと思う事も多々あります。

 

その点から行くと、赤ちゃんの頃から音楽に触れさせておく事は、音感やリズム感と言う点からはとてもメリットがあると言えます。やはりその時期の方が学習能力が高く、どんな内容でも吸収して行ってくれる可能性が高いからです。

 

しかしその場合はピアノを演奏するというよりは、楽器に触れる、音楽を楽しむという事を重点的に感じる方が良い場合も少なくありません。

 

音楽を楽しむ、この楽しむという行為自体は子供の集中力もアップさせてくれるからです。

 

やはり楽しいと感じる事ができる物の方が集中力が続くのは大人も子供も違いはありません。

 

したがって、音楽に触れるという点だけで考えるなら、もっと幼いうちからピアノを習っても良いのですが、理解するという点から行くと、やはり幼稚園に入ってからの方が学習能力も高くメリットがあります。

 

ただ年齢によって音感やリズム感に対する習得の度合なども違う場合もあるので、その前の段階でも音楽に触れておく事はとても重要です。

 

そうして前段階として音楽を楽しむ、音楽がある生活をしてから学習能力が身についてきた幼稚園頃からはピアノに移行していく、これがベストと言えます。

 

そうすれば無駄に時間を費やす事無く効率的に習う事も出来るので、さらに集中力や音感、リズム感なども身に着ける効果が期待出来ます。