ピアノ初心者

ピアノ初心者が上達するためのピアノ練習法・コツは?

ピアノ初心者が上達するには、独学では大変な部分があります。もちろん、独学でも可能ではありますが、楽譜に書かれている意味、鍵盤のタッチをどのように扱うか、教本はどんなものを使うと良いかといったことについて知識がないからです。そのため、ピアノ教室に通うのが効率的な方法ではないでしょうか。

 

ピアノ教室に通うと、ベテランの先生であれば、どのような教本が良いのか、楽譜の読み解き方、鍵盤へのタッチの仕方などを教えてくれます。

 

独学に近いような状態になるのは、レッスンが終わってから、次のレッスンが始まるまででしょう。楽譜に書かれていることを鍵盤上でどのように再現をしていくかということを練習していき、教本を利用しつつ上達していくというのがごく普通のやり方となります。

 

他人に見てもらうという経験をすると、自分自身が足りていない、姿勢や音の出し方、楽譜通りにできているか、悪い癖がついていないかなどを客観的に把握することができるようになります。

 

悪い癖の指摘を受けたら、練習の際にそうならないように意識をして練習をすること、始めから曲の指定されたテンポで全部を弾くのではなく、いくつかの部分に分けて、ゆっくりとしたテンポで、繰り返し練習をしていくということが大切になってきます。

 

また、演奏を音楽的に聴かせるためにも、楽譜を指でなぞるだけの機械的な練習をするのではなく、歌を歌ってみたりしながら、フレーズごとに区切って練習をしてみると、自然な流れで演奏をすることができるようになります。

 

練習の方法は、ピアノの先生であれば、様々なやり方を知っているため、ピアノ教室に通ってみることには大きなメリットがあります。また、こうした教室に通うと、発表会などの目標が得られるため、目的意識をもって練習をすることができるため、上達をさらに早く進めていくことができるようになります。

 

気になる場合には、ピアノ教室の体験レッスンを受けることがおすすめです。