中古のピアノ査定

ピアノは、重くて大きくて、しかも形も特殊ですから、処分しようと思った時にはとても大変なアイテムです。

そこで便利なのが、中古ピアノの買取サービスへの申し込みです。これであれば、自宅まで引き取りに来てもらえますから、ピアノの上の物をどかしておいたり、部屋を片付けておくことぐらいをしておけば問題ありません。

 

なお、中古のピアノ査定は実物を見ないで行われることがありますが、それで本当に正確なピアノ査定ができるのだろうか、と疑問に思う人もいるでしょう。しかし、多少傷があったり、壊れていたとしても修理ができるため、そういったダメージに関してはあまり神経質に捉えていないものです。

 

大切なのは、ピアノの状態をしっかりと伝えることです。こちらの情報がしっかりとしていれば、それだけ正確なピアノ査定が可能になるものです。

 

なお、中古のピアノ査定の申し込みの際には、具体的にどういったことを伝えるのかですが、メーカー名、ピアノのタイプ、品番、製造番号と言ったものを伝えていきます。また、自動演奏や消音など、オプションとしてどういったものがあるのかを入れたりもしますし、どういった環境下にあるかと言うことも説明するものです。これは、玄関からどのぐらいの距離にピアノがあるのかと言うことです。また、ピアノを家に入れる時にどのように入れたのかが分かれば、搬出の際の手間のかかり方もある程度分かるものです。

 

ちなみに、業者側が求めている査定項目の他、自分で話しておきたい細かなポイントがあれば、そういったことも色々と説明しておくことができますので、お互いが納得の上、ピアノ査定を進めて行くためにも、気になることがあれば、話をしておいた方が良いでしょう。

 

なお、もしダメージなどで重要な点があったとして、そういったことを伝え漏れてピアノ査定の申し込みをしてしまうと、思っていた結果と大きく異なってしまい、戸惑うこともあるでしょうから、状態確認は正確に行うことが基本であり、大事なことです。

気を付けるポイント

ピアノを手放したいと思った時に利用すると便利なサービスと言えば、ピアノ買取です。ピアノと言うのはとても重くて処分をするのが大変ですが、ピアノ買取の申し込みをすれば、引取に来てくれますから、特に負担をかけることなくピアノを処分することができます。なお、この際の運搬料もかからないものです。ですから、気軽に利用することができて助かるものです。

 

ただし、そんな便利なピアノ買取も、色々と気を付けるポイントがあります。サービス内容をよく理解していないとトラブルの元になりますので、注意が必要です。

 

例えば、ピアノがあまりにも古かったり、人気がないなどの場合は、値段がつかず、逆に引き取り料が発生してしまうことがあります。それでも良いと言う人は気にすることはないでしょうが、困る場合はよく確認してから申し込みをすることも大切です。

 

また、ピアノを買ってから結構な年数が経過して、リフォームをするなどして、家の中に搬入した状況とは環境が異なる場合、ピアノを運び出せるか心配になることもあるでしょう。余程のことがない限り運び出しは可能なものですが、余計な物を廊下に置いておいて壊れるなどのトラブルが発生すると面倒ですから、きちんとした受け入れ態勢をとることが大切です。

 

ピアノ買取のその他のトラブルとしては、業者の対応に違和感を覚えることが出てくる、と言うものです。例えば、自分では問題なくピアノを買い取ってもらえると思っていても、相手側の基準で値段がつかないこともあるでしょう。また、やたらと値段が下がってしまうと言うこともあるでしょう。しかし、その査定が首をかしげるようなものであった場合には注意が必要です。こちらが素人だと思って、いい加減な査定をしてきたり、強引に引き取りをしようとするような業者は要注意です。こういったことがないように、依頼する前にその業者の実績を調べるなどして、どの程度信用があるかを確認することも大切です。