ピアノ練習

リトミックからの。

うちの娘のMOMOは2歳ぐらいから、音楽教室のリトミックへ毎週通い始めました。リトミックは音楽に合わせて体を動かしたりする習い事です。

 

その中で先生がピアノを弾いて、それに合わせて踊るということもやっていました。

 

その頃、幼児用の小さいキーボードを買ってあげたのですが、けっこう夢中になって遊んでいました。鍵盤の幅も狭くて、2オクターブ・3オクターブくらいしか鍵盤がない、本当の子供用のやつです。

 

その後、リトミックも終わり、4歳からはそれがピアノ教室に変わります。リトミックは5人くらいで一緒に先生に教えてもらうカタチでしたが、ピアノ教室は先生と1対1になるってわけです。

 

MOMOのリトミックの友達・幼稚園で仲の良い友達もピアノを習う!ということで、MOMOもやることになりました。

うちの嫁が家でのピアノの先生。

ちょうど僕もその頃に趣味でピアノを始めました。最初から難しいクラシック曲に挑戦したりしていました。

 

で、家で娘のピアノの先生は嫁です。嫁は子供の時にピアノを習っていて、中学・高校あたりでやめてしまって・・・というよくあるタイプの子です。

 

子供の頃、どうも嫁はピアノが嫌になってしまったみたいです。だからこそ、娘にはピアノを楽しんでやっていってほしいという希望があったみたいです。

 

そんな考えだから、ことあるごとに、「やめたかったらいつでもやめていいからね。楽しんで練習したらいいからね。」と言っていました。

アップライトピアノ購入!

で、電子ピアノも検討したんですが、子供がどうせやるなら最初から生ピアノのほうが絶対イイというのは分かっていましたし、ピアノの先生にも勧められたようで、結局アップライトピアノを購入することになりました。

 

僕は中古の安いやつでいいと言っていたんですが、嫁がどうせ買うなら新品でしょ!ってことで、貯金はたいて買いました。

 

僕が仕事から帰った夜遅くにもピアノ弾きたいということで、消音機能もつけたのでけっこうばかにならない金額になりました。

 

普通、ピアノの真ん中のペダルを踏むと音が小さくなると思うのですが、消音機能をつけたので、真ん中のペダルを踏むと音が完全に消え、ヘッドホンをつけると聞こえるようになるというわけです。

 

これは気に入りました。夜遅くでも近所への迷惑を考えずに思いっきり練習できますので。

5歳。毎日泣きながら練習の日々。

娘も5歳になり、何曲かは簡単な曲が弾けるようになってきました。でも、このころから、曲の難易度が上がってきて、ちょっと練習したぐらいですぐに弾けるようにはなりません。

 

右手と左手を別々に練習して、指の動きを覚えたら左右合わせて、、、という感じで毎日根気よく嫁がレッスンをしていました。

 

ここで1つ問題があり、娘は弾けないといつもすぐに悔しくて泣いてしまうのです。嫁はいつも「最初から弾ける子はいないから、練習してだんだん弾けるようになるんだから。」と言っていましたが、いつも泣いていました。

 

そのうちに、「泣いてたら楽しくないから、いつでもピアノやめたかったらやめていいから!」と嫁も口調が激しくなることも多く、いつしか、僕は、二人がピアノを始めるとその場から立ち去るようになってしまっていました。

 

あまりに壮絶な光景?!で見てられなかったわけです・・・

泣く回数が減ってきた?

それから半年ぐらいが経ったでしょうか?そのころから、ピアノの練習をしてて間違えたり弾けなくても、たまにしか泣かないようになっていたことに気づきました。これには子供の成長を感じました。

 

それどころか、たまにですが、間違えた時に「間違えちゃった!がははは!」と爆笑しながら弾いていることもありました。これは本当にうれしかったです。

 

そして、けっこう速くて、「これ5歳の子が弾けるの?」っていうくらいの曲を今度の発表会に向けて練習しているようでした。しかも発表会では2曲演奏するようです。

 

発表会が近づくにつれて、練習の熱も上がってきているように見えました。でもなんだか娘は楽しそうにピアノを弾いているように思えて、ほほえましく見ていました。

いざ本番!

いよいよ発表会の日。100人以上の子供が演奏するという、けっこう長丁場です。そんな中娘はけっこう前半に登場しました。

 

ピアノを弾く前に、観客に向かって一礼をしていくのですが、たいていの子は緊張して顔がこわばりながらお辞儀をして、ピアノを弾き始めていました。

 

ところが、娘はニコニコしながら舞台そでから出てきて、一礼する時もニコニコしてました。でも緊張している笑顔なので、子供ながらに、この緊張感を楽しんでいるのかな?なんて想像をしていました。

 

弾き始めると練習通りに弾けていましたが、一か所だけ若干間違えちゃいました。でも止まらずに楽しそうに弾けていたのでこっちまで嬉しくなってしまいました。

 

結果、入賞もすることができて、次回には「入賞者限定のコンサート」に出れることになりました。

いつまでピアノ続けるのか楽しみです。

そんなこんなで、今でも毎日ピアノの練習を嫁と一緒にやっています。疲れているときはまれにお休みしているみたいですが、ほぼ毎日やっています。

 

今では弾ける曲もものすごく増えてきていて、ビックリするほどです。。。

 

今小学1年生。いつまでピアノを続けるのか楽しみです。

 

中学になってもやってるのかなー?高校になっても?大人になっても?

 

いづれにしろ、楽しくピアノと付き合ってくれたらイイなって思っています。